大津市シルバー人材センターについて

p1-1-scaled

シルバー人材センターとは

シルバ―人材センターの趣旨に賛同する、健康で働く意欲と能力がある概ね60歳以上の高齢者を会員とした非営利団体です。
各地域のセンターはご家庭や事業所などから仕事を受注し、その仕事を地域の会員に提供しています。

基本理念

「自主・自立、共働・共助」

高齢者が働くことを通じて、追加収入を得るとともに、健康を保持し生きがいを持ち、地域社会に貢献することを目的としています。

p1-3
p1-2

シルバー人材センターの仕組み

事業の流れ

p1-6

シルバー人材センターは、企業、家庭、官公庁などから業務を受注し、高年齢者(会員)に請負・委任、派遣または職業紹介の形態で仕事を提供します。

p1-6

就業システム

請負・委任

グループ 252@2x

「請負・委任」は、発注者に就業の確認をしていただき、所定の料金をシルバー人材センター(以下「センター」)へお支払いただきます。センターは就業会員へ配分金(報酬)を支払います。業務の履行責任は、センターが負います。

グループ 252@2x

派遣

p1-8

「派遣」は、発注者の指揮命令を受けて就業します。
センターは会員を募集し、契約は滋賀県シルバー人材センター連合会(以下「連合会」)と締結していただきます。所定の料金は、連合会へお支払いただきます。連合会から就業会員へ給与が支払われます。受注窓口はすべてセンターが行います。

職業紹介

p1-9

「職業紹介」は、発注者に雇用していただきます。
センターが求人を受付け、発注者に会員および地域の高年齢者を紹介します。

大津市シルバー人材センターについて

沿革

昭和56年2月10日

「大津市高齢者事業団」として設立

昭和62年5月26日

「社団法人大津市シルバー人材センター」に改称

平成23年9月1日

「公益社団法人大津市シルバー人材センター」として認可を受ける

会員数

1,586名(男性 1,018名・女性 568名)
○資格等
危険物取扱甲種・乙種・丙種、教員免許、簿記1 ~ 3 級、社会保険労務士、労務管理士、行政書士、自動車整備士、一級建築士、二級建築士、土木施工管理技士1 ~ 2 級、宅地建物取引主任、栄養士、調理師、看護師、医療事務、保育士、社会福祉士、介護福祉士、介護職員初任者研修 など
○特技等
英語・中国語会話、着付け講師、編み物講師、書道師範等 など

事業実績

契約金額

約471,546,652 円(令和2年度)

契約件数

11,027 件(令和2年度)

お仕事のご依頼、ご相談などはお気軽にお問い合わせください。

077-525-2528電話受付 9:00~17:00(土日祝除く)お仕事のご依頼はこちら

077-525-2528電話受付:9:00~17:00(土日祝除く)